Return to Blog Homepage

【事例紹介】心理療法でマインドマップを使ってクライアントの問題解決をどのように支援する

blog image

【事例紹介】心理療法でマインドマップを使ってクライアントの問題解決をどのように支援する

image

マインドマップは、思考を明確にし、新しい考えを取り込み、情報を整理するのに役立つ優れた方法であることは、誰もが知っています。Xmindは、時間管理、計画立案、プレゼンテーションの準備、SWOT分析、年次報告書の作成など、仕事と生活の両方で広く使用されている素晴らしいマインドマップツールです。

しかし、マインドマップがすでに心理療法で患者の問題解決に使われ、驚くべき成果を上げていることはご存じないでしょう。マインドマップを心理療法に取り入れているCXMのFabienneさんが、マインドマップを使ってクライアントの恐怖症を改善した経験を話してくれました。


なぜマインドマップなのか?

マインドマップは、効率的に作業を進めるための素晴らしい手法です。言葉とイラストが組み合わさり、脳の両側を使って情報を補完し、理解しやすくしてくれます。クライアントは、真っ白なキャンバスの上に問題やリソース、信念、価値観などを置くことで、それらの関係性を見つけ、解決策を効率的に導き出すことができます。多くの場合、苦しんでいる人は自分の苦悩ばかりに目が向きがちですが、マインドマップはそれだけではなく、より広い視野を与えてくれます。マインドマップは、個性を理解し、バランスを取り、創造的に障害を克服するための媒体として、クライアントが自分自身の可能性を探求し、発見する手助けをしてくれます。

Fabienneさんによると、マインドマップは他のセラピーと異なる点として、ノートテイクの透明性が挙げられます。従来のメモ書きはセラピストだけが読めるものであり、クライアントからの質問はほとんどありませんでした。しかし、マインドマップを使うことで、クライアントもセラピストと同じように全体像を把握し、物事の関係性を簡単に把握することができるようになります。これにより、セラピーの進行やクライアントの成長がより自然な形で促進されると考えられます。

マインドマップを使った恐怖症の改善

ここでは、Fabienneさんがマインドマップを使って、クライアントの恐怖症を改善する方法を紹介したいと思います。

個人分析

ある男性クライアント(仮にJoeとします)は、クモ恐怖症に悩んでいます。Fabienneさんは彼に、クモを見たときの自分の行動と、そのときの気持ちや感情をマップに書き出すように指示しました。そうすることで、彼は自分の恐怖や感情などを外からの視点で見ることができたのです。

image

解決策を探す

そして、FabienneとJoeは、彼の恐怖心を軽減するために何ができるかを一緒にブレインストーミングしました。すべてのアイデアを思ったままにメモされました。Joeは意外にも、今まで思いもよらなかったことをたくさん発見しました。Joeのクモ恐怖症は、これまで家族しかしりませんでした。しかし、ブレインストーミングの結果、Joeは、友人にアイデアを求めることができる可能性を発見し、嬉しい驚きを感じられたそうです。

この後、FabienneとJoeは新しいマインドマップを作成しました。この中で、Fabienneは実現可能な手段に焦点を当てた一方、Fabienneは顧客の不満を避けるために現実的でない手段を排除しました。

image

行動を起こす

そして、以前に見つけた解決策がうまくいくかどうかをテストすることになりました。もし解決策が機能しなければ捨て、機能すれば採用し続けました。

image

このマインドマップは、HWHWWW(どうやって、誰が、何を、何匹、どこで、なぜ、何を)によってアクションプランに変換され、アクションプランはジョーが蜘蛛に遭遇しやすい場所に貼り付けられました。

結果

セッションから数ヶ月後、Joeは蜘蛛に対する恐怖心を減らすことに成功し、状況は常に改善されています。

Xmindを無料でお試し
blog image
fumi
Apr 30, 2023
当社は、お客様へのサービスの提供、向上および宣伝などの用途でクッキーを使用しております。第三者へのデータの漏洩や販売などの行為は一切行いません。本サービスの利用を継続する場合、当社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。