Return to Blog Homepage

パート2:マインドマップを子供の初期の教育に取り入れた方法と効果

blog image

パート2:マインドマップを子供の初期の教育に取り入れた方法と効果

image

子供向けのマインドマップ教育のパート1では、マインドマップが子供の教育に影響を与える影響ことを話しました。その結果、マインドマップは、読解力・聴解力、算数力、語彙力、情報処理能力などに大きな効果をもたらすことがわかりました。子どもたちの日々の活動に取り入れば、どうすれば良いですか?パート2では、マインドマップの使い方をどのように子供に教えるか、またどのように子供にマインドマップを使わせるかについて説明します。


問題解決力

子供たちにとって、問題解決能力や分析能力を養うことが非常に重要です。問題解決能力のある子供は、難しい問題に出会って、すぐにあきらめるのではなく、落ち着いて問題を分析し、問題を解決することができます。

この能力を伸ばすために、マインドマップを使って、子供が合理的な分析に基づき問題点を明確にできるように導くことができる。たとえば、自分の貯金だけでおもちゃを買う方法や、自分の誕生日パーティーを計画する方法など。小さなものであっても、子供にその問題を解決する方法についてマインドマップを描くよう勧めることができます。問題やプロジェクトが、マップ上でステップを踏んで解決できるようにパーツに分解されると、子供は、問題には必ず1つまたは複数の解決策があることに気づき、以前ほど怖くなくなる。

マインドマップ活動テーマ:誕生日パーティーの計画、おもちゃを買うための貯金方法、友達と衝突した理由を考える、子犬の世話の仕方など。

読解力

読書習慣の形成がとても重要だとよく言われます。読解力が高い子は、初めて学校に通い、教科書で学ぶときにもスムーズに移行できる傾向があります。

子供に絵本を買って読ませたり、オーディオを聞かせたりするほかに、親は読解力を高めるために、絵本のマインドマップを描いたり、筋を要約したりすることを子供に教えることができる。こうすることで、子供たちはストーリーの理解をよりよく把握できるようになり、絵を描く過程を通して論理的思考を養うことができます。

マインドマップ活動テーマ:絵本の筋書きを描く、登場人物の性格を分析する、物語の時系列をプロットする、登場人物の関係を描写する、本を勧める理由など。

視覚的知性

マインドマップは図の一種です。具体的な構造、ブランチ、色彩など、その明確な視覚的表現は、子供の視覚的知性を刺激する源となります。子どもがマインドマップを描き始めたら、色々な色の組み合わせで描くように促したり、構造を工夫させたりすることで、子どもはより楽しくマインドマップを描くことができます。マインドマップにルールはありません。脳の思考システムには個人差がありますから、子供たちが自分の考えを自由にマップにするようにできます!

記憶力

マインドマップは記憶にも役立つのでしょうか?もちろんです!重要な情報をマインドマップに整理することで、紙に書かれた文章よりも視覚的に記憶することができます。

例えば、科学の授業の資料をマインドマップにすれば、子供たちはカラフルなマップを喜んで見るようになり、退屈な教科書の文章よりもよく記憶するようになります。

マインドマップ活動テーマ:ノートをマインドマップに再編成する、複雑な概念を整理するなど。

最後にに

子供の日常活動にマインドマップを取り入れる前に、保護者自身がマインドマップの基本的な概念や構造を学んでおくとよいでしょう。Xmindのブログをチェックしたり、Xmindをダウンロードしたりして、まずは自分でやってみましょう!Xmindは、操作が簡単で、かわいいマインドマップの構造やカスタマイズオプションがたくさんあるので、子供たちが遊ぶのに最適なツールです。

Xmindを無料でお試し
blog image
fumi
Aug 24, 2023
当社は、お客様へのサービスの提供、向上および宣伝などの用途でクッキーを使用しております。第三者へのデータの漏洩や販売などの行為は一切行いません。本サービスの利用を継続する場合、当社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。