Return to Blog Homepage

マインドマップをを使う理由

blog image

マインドマップをを使う理由

image 最近、マインドマップはさまざまなベストセラーの本の表紙に徐々に登場しています。マインドマップという言葉を聞いたことがありますけど、具体には、どのような役割を果たしていますかが分からないユーザが多くいらっしゃいます。簡単に言えば、マインドマップは、生産性の高い人の間でよく人気のあるツールです。抽象的なアイデアを効果的に視覚化できるおかげで、発散したアイデアを構造化になれます。では、本記事はマインドマップとは何かに対して疑問を持っている方に向け、マインドマップの役割について詳しく紹介します。

⒈重要なトピックを効率的に整理する

脳の中で散らばったアイデアを整理整頓して、書き出すのはなかなか難しいですね。浮かんていたアイデアを書き出したり、脳の中の情報を視覚したり、思いを構造化にしたりすることが不可欠な一歩です。なので、ごちゃごちゃになってしまった頭を整理するためには、情報整理ツールが必要となります。

image

⒉意志決定の精度を高める

高い生産性を求める今の時代、意志決定を行う際に、スピードも求められます。どうやって早くて精度の高い意志決定を行えますか。それは、マインドマップを活用することです。マインドマップを使うことで、収集した情報を整理して、観点を抽出して、役に立つ情報を構造化になれます。 image

3.情報統合

膨大な情報を収集するのは煩雑なことだと思われています。ドキュメント、画像、ウエブサイト、連絡先、メモ、ビデオなど様々なデータをきれいに整理するのはなかなか難しいですね。でも、ご心配なく、マインドマップを使って、全てのものをきれいにまとめることが可能です。情報収集の効率を高めるだけではなく、それらの情報を他者に分かりやすくて伝えられます。また、Xmindの独自のZENモードで、メモ、ラベル、そのほかのファイル(ビデオ、音声、写真)を挿入して、マインマップにある情報を豊かにします。 image

⒋創造性を刺激できる、アイデアを発想

発散的思考を促進する構造のおかげて、マインドマップが創造性を刺激させられます。例えば、ペーパークリップの用途を紙で書き出すとしたら、せいぜい数十の用途しか書けないだろうが、マインドマップを使って発散させれば、数百、数千の用途を書き出すことができるだろう。同様に、ブレインストーミングを行う際にも、マインドマップを使うことでより多くのアイデアを生み出すことができます。

そのうえで、抽象化したり、並べ替えたり、組み合わせたり、これらのアイデアの新しいつながりを見つけて、より創造的なアイデアをかき立てることもできるので、アイデアを考えるときやプロジェクトを計画するときにとても役に立ちます。 image

⒌情報を明晰に伝える

会議記録着にしても、普段のプレゼンテーションにしても、思いを構造化にするのは、コミュニケーションをもっと上手く。ロジック性の高いはマインドマップの特徴の一つです。問題の発生原因、解決方法などをプロな構造を使うことで、相手に明晰に伝えます。 image

⒍タスク管理

タスク管理とは、仕事を効率化を図るために、業務を細分化にしたり、タスクの優先度や重要度を明確にしたり、進捗状況を定期的に更新したりすることです。組織のタスク管理でも個人のタスク管理でも、良いプランを作成する能力が必要となります。マインドマップを活用すれば、タスク管理で以下のことを明らかにすることができます。 image

⒈タスクミッションを把握する

⒉業務を細分化にする

⒊業務の優先度を明らかにする

⒊タスクの進捗状況

もっと多くの使用画面:

履歴書&就活の自己分析

企画の作成(経営企画、組織の整理、プレゼン資料の作成、などの

資料の作成(勉強メモ、会議記録、読書術、仕事術など)

タスクの管理、目標設定

以下はユーザが作ったマインドマップです。ご参考になれば幸いです。

blog image
fumi
Sep 15, 2022
We use cookies to provide, improve, and promote our service. We do not leak or sell the collected data to third parties. By continuing, you consent to our Privacy Policy.