Return to Blog Homepage

手書きを代わりに|授業・講義でマインドマップを使ってノートを書き方

blog image

手書きを代わりに|授業・講義でマインドマップを使ってノートを書き方

image

授業のノートは、復習する際に重要なポイントが明確になるように工夫する必要があります。しかし、先生が話した内容を丸写しするのは効果的なメモ取り方ではありません。。そのため、効果的なノートの取り方を紹介します。

では、授業中のノートの取り方は何ですか?ノートを取る効率を上げるために、何か方法がありませんか?次の文で解説してきます。

01 授業ノートの役割と内容

ノートを取る目的は、講義の内容への理解を深めることです。講義中に重要なポイントや概念をメモすることで、後で復習する際に役立ちます。ノートを取って、情報を整理したり、要約したりすることで、講義の内容をより明確に理解することができます。また、ノートを取りながら、自分自身の言葉で要点をまとめる必要があるため、知識を定着させられます。さらに、ノートを取ることによって、自分の考えや気付きを記録することもできます。ノートは個人の学習プロセスをサポートし、知識の定着や応用力の向上に寄与します。

とはいえ、ノートを取る過程で何を記録し、何を記録しないのでしょうか?学習の領域によって異なると言えますが、核となる考え方は、共通性を持っていることは変わりません。

ノートをまとめる方法は、以下の3点の重要なポイント通りにまとめています。

知識のポイントとフレームワーク

大学の授業では、膨大な量の情報に圧倒されるかもしれません。この時、知識のポイントとフレームワークを構築するのは不可欠な作業です。知識のポイントとフレームワークの構築することは、学習の効果を最大化し、より深い理解と応用力を養うために不可欠なスキルです。正確な情報の選択と整理、関連性の把握に重点を置いて学習を進めることで、より効果的な学習体験を実現することができます。

重要な情報を理解する

授業において先生の思考や伝えたい内容を正確に理解し、それに追いかけることが重要です。先生の思考や論理を追いかけることで、自分自身の思考力や批判的思考の能力を養うことができます。なので、授業中の重要な概念の理解や分析、教材の拡張や補足については、詳細に記録しておく必要があります。また、その場で理解・消化できる知識は、細かくメモする必要がありません。知識ポイントをメモすれば十分です。

質問と振り返り

授業中に、常に先生の考え方に追いかければ理想です。ただし、授業中で分からないところや聞き逃した内容をマークして、確認すれば、穴埋めすることができます。また、面白いアイデアや反省点が浮かんだらメモすることも忘れずに!

02 マインドマップでメモを取る

マインドマップを書くことは、知識の深い処理作業です。マインドマップは情報を再構築する手段であり、ノートの暗記や理解に非常に役立つものです。

マインドマップを描くことで、重要な知識の要点を整理し、関連性を明確にすることができます。トピックやサブトピックにメモを追加することで、詳細な情報を補完することも可能です。また、マインドマップを活用して実践的な復習セッションを行うこともできます。トピックを取り上げながら教科書の詳細な内容と照らし合わせることで、主要なアイデアを総合的に結びつけることができます。マインドマップは、紙や他の形式のノートに比べて柔軟性が高く、使いやすいです。

以上、授業中のノートの取り方として理想的な方法を示したが、実際には難しいかもしれません。具体的には以下のように反映される:

講義や授業資料の構造的把握

講義や授業資料を予習しないと、全体の枠組みや論理構造を把握するのはかなり難しいですね。授業前に復習する習慣を身につけることで、それを克服することができます。高校時代の「予習-聴講-復習」の優れた学習ループは、大学でも有効な方法です。

メインアイデアとの格闘

マインドマップでは、キーワードの抽出が重要です。そのため、何を残すか、何を残さないかの判断も非常に重要です。マインドマップを使って講義資料の中核となるコンセプトや論理を見極めることは、メインアイデアとの対話を通じて考える感覚を養う上で役に立ちます。

ノートを取ることと注意を払うことのパラドックス

講義では、ノート作成よりも講師の思考の流れを理解することが中心となります。そのため、ノートを取る際には、書くことと聴くことのバランスを考え、理解に重点を置き、知識を内面化することが重要です。

これらは乗り越えなければならない課題ですが、慣れてくるとマインドマップの力を実感することができます。Xmindなどのソフトウェアを使って、多くの学生が授業ノートを効率的に整理し、学びを深めています。以下は、ソフトウェアの機能に基づく効果的なノートのヒントです。

03 授業でのXmindの使い方

Xmindの機能を活用することで、簡単にノートを取ることができます。すごく便利です!

1.アウトライナーからマインドマップへの変換

コースの内容をリアルタイムで把握する場合、直線的なノートはメモを素早く取るのに役立ちます。これに基づいて、クリックするだけで箇条書きのノートをマインドマップに変換し、講義資料の背後にある論理的なプロセスをさらに掘り下げましょう。アウトライナー機能の詳細については、ブログ記事「Xmind は在宅勤務にどう役立つのか」をご覧ください。

image

アウトライナーは、インターフェースの左上にある「アウトライナー」をクリックすることで、マインドマップとアウトラインを切り替えることができます!

2.オーディオノートを使って難しい概念を文書化にする

授業や講義では、たまに高い集中力が必要です。そのような場合、サブトピックにオーディオノートを挿入することで、ノートを楽に取ることができます。マインドマップで音声メモを使用する際には、いくつかの注意点があります。

  • ポイントを記録する:講義で必要な情報を簡潔にメモすることで、後で録音を聴き返す手間を省くことができます。
  • 構成に注意を払う:講演者は通常、わかりやすい論理を持っています。聞きながら、講師が強調した要点を注意深くメモし、後で整理して復習するために要点をマークしておきましょう。
  • ノートを分類: 音声メモもマインドマップの一部であり、録音中に簡単に分類して印をつけることができます。オーディオノートをきちんと整理しておけば、後でノートを整理する効率が大幅に向上します。
  • 時間内に復習する:復習をすることで、リスニングやノートの取り方のスキルが向上し、記憶力の急激な低下を防ぐことができます。ノートを定期的に見直す習慣を身につければ、半分の労力で倍の成果が得られます。

オーディオノートの挿入: Xmindでトピックを選択し、ツールバーの [挿入]**、[オーディオノート]** の順にクリ ックします。モバイルデバイスの場合も同様です。 image

3.LaTexを使って数式を挿入し、簡単に科学ノートを取る

マインドマップのLaTeX方程式は数学や化学の学生にとっても役に立つツールです。LaTeXの詳しいチュートリアルについては、数式サポートに関するFAQページをご覧ください。

Xmind方程式はどのようなコマンドをサポートしていますか?

XmindでのLaTex方程式の挿入:Xmindでトピックを選択し、ツールバーの[挿入] > [方程式] に進みます。 image

4.プリセットスタイルを使用してキーポイントを強調する

フォーマットパネルの [スタイル] タブにあるプリセットスタイルを使用して、サブトピックを「きわめて重要」、「重要」などに分類できます。この機能により、クリックするだけでサブトピックを簡単にい分類することができます。

クイックスタイルの設定では、**[スタイル]** ボタンをクリックし、**[メイントピック]** アイコンをクリックして、プリセットスタイルのドロップダウンリストを展開します。iOSデバイスでは、サブトピックを選択した後、ペイントブラシのアイコンをクリックします。

5.色とアイコンを使ってシンボルシステムを形成する

ノートを取るときは、コンテンツを見つけるのに役立つ表記システムを使って、主要なポイントをすばやく特定することができます。Xmindのインターフェイス上で色を定義したり、アイコンを使って独自の記号システムを構築することができます。

以上、マインドマップを授業中のノート作成に応用する方法についてお伝えしました。今すぐXmindをダウンロードして、授業ノートを取りましょう!

blog image
fumi
Jun 26, 2023
当社は、お客様へのサービスの提供、向上および宣伝などの用途でクッキーを使用しております。第三者へのデータの漏洩や販売などの行為は一切行いません。本サービスの利用を継続する場合、当社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。