Return to Blog Homepage

【超詳細ノート術】マインドマップで読んだ知識を定着させる方法

blog image

【超詳細ノート術】マインドマップで読んだ知識を定着させる方法

image

「読んだ本の内容をすっかり忘れてしまった」、「知識は脳にしっかり定着できなかった」といった悩みを抱える人は多くいらっしゃいます。読んだ本の内容を忘れないようにどうすれば良いのでしょうか?知識を脳に確実に定着させるために、ノート取りを習慣化にすることが一番です!


読書ノートを書くメリット

1.本の内容や構成を全体的に掴む

本を読んだ後、「この本は何を論じたのか」という質問さえ答えられなければ、無効な読書ですね。そこで、読書ノートを書く必要があります。ノートを取りながら、全体の構成を把握できます。

2.記憶に深まる

たった一度読めば忘れない記憶力が持つ人は天才です。私たちは普通の人間ですから、一度だけ読んだ本の内容を忘れてしまったのが一般的です。脳の記憶容量が限界があるので、読書ノートは記憶を助ける働きがあります。

⒊情報処理能力の向上

何万字の内容を一枚のマインマップにまとめる作業は、本の重要な知識を身に付けたり、理解を深めたりすることができます。不要な情報を判断したり、処理したりする過程で情報処理能力の引き上げにも大きな役割を果たしています。

3つの読書ノートを書く方法

では、どうすれば読書ノートを効率的に取るかって迷いませんか?ここでは、読書ノートを書く3つの方法をご紹介していきます。

1.コーネル式ノート

「コーネル式ノート術」とは、1989年にコーネル大学で教授ウォルター・パーク氏によって開発されたノート術です。情報を整理しながらノートを取っていく手法です。コーネル式ノート術は、6Rノート方法の別称があります。

  • 記憶(Record):講義または読んだ内容をできるだけ簡潔に「ノート」欄に記録します。
  • 短縮(Reduce):講義後、重要な論拠、要点、事柄などを早めに「キュー(Cues)」欄に記入します。
  • 暗記(Recite):「ノート」欄を隠して、「キュー」欄の内容を見ながら、講義の内容を書き出します。
  • 思案(Reflect):講義に関する感想、意見、考えなどをカードやノートの別の部分に書き、見出しや索引をつけ、概要、要約、カテゴリー別に分けてまとめます。
  • 復習(Review):毎週10分程度、ノートを復習します。キュー欄を最初に見て、更にノート欄を見ます。
  • 要約(Recapitulate):「ノート」欄も要約を自分の言葉で要約します。

簡単に言えば、講義中・読書中、講義中・読書後、復習中にやるべきことを、白い紙に3本線を引いて区別するだけです。 image

このノートの取り方は、各レッスンで扱われる内容がより細分化されているため、授業や章ごとの復習に最適です。記憶忘却曲線を合わせて、記憶を定着させる効果があります。しかし、このメモの取り方にもデメリットがあります。まず、載せた内容が少なくて、議論の展開がちょっと難しいです。知識の枠組みを作るには不向きです。また、新しい知識を持ち込んだときに、元のメモから充実させることが難しいことです。

⒉アウトラインメソッド

アウトラインとは、構造化されたノート術です。 本の一部分だけに注目するのではなく、本全体の骨格や論理構造に焦点を当てるのノート法としてよく知られます。

image

これは、アウトラインの役割を果たす書籍の目次をもとに、書籍の内容をアウトライン的に圧縮して表示する方法体系的なノートテイクのメリットは、復習に非常に役立つということです。 ノートを見ながら、授業の復習をしたり、読んだ本の内容を振り返ったりすることができます。

このようなノートの取り方をすることで、読み取った内容をきれいにまとまり、中心トピックとサブトピックの関係性がわかりやすくなります。しかし、アウトラインノート法は、ノートに載せいる情報が限られるゆえに、ある程度の制約があります。

3.マインドマップで読書ノート作成法

マインドマップは、中心キーワードやアイデアをもとに、代表的な言葉やアイデア、タスクなどの関連項目を放射状に結びつけ、アイデアを視覚化にしたものです。

マインドマップで読書ノートを書くのは、知識を深く処理する過程です。受け取った情報を考えて、キーワードを抽出したり、分類したり、要約したりすることで、知識間の関係性を明らかにすることができます。ツリー知識構造を構築する際に、主題の枝が増えるごとに新しい思考とつながりが生まれます。 image 読書のメモを取るのに、マインドマップをどのように使っていますか? 簡単な解説をしましょう。

1.マインドマップで読書ノートを書く手順

  • 本の目次によると、本の全体を理解し、マインドマップの基本的な構造を決めます。
  • 一通り読んでみて、深読みする価値のある部分をピックアップし、本の全体を通して著者が何を言いたいのかを大まかに把握します。
  • 精読しながら、キーワードを表示し、マインドマップに詳細を記入します。
  • 詳細の記入が完了したら、さらに削除や整理を行い、最後に本の全体のマインドマップを仕上げます。

本の読み方にはいろいろありますが、本の全体を把握してから細部を捉えていく読み方をすると、知識を定着しやすくなり、読書効率も大きく向上すると思います。 しかも、このマップを作った後、たまにめくって見直したり、思い出したりすることができるので、とても便利です。

2.マインドマップで知識体系を構築する

ここで強調したいのは、雑記やエッセイ、随筆など、一般的に構造が明らかでない、マインドマップによる読書メモに適した本ばかりではない、ということです。 マインドマップというメモの方法は、マインドマップを描く過程で、知識を体系化するのに適しています。

  • 整理: 知識の体系を構築する
  • 関連づけ:すでに存在する知識体系にリンクを貼ること
  • 振り返り:知識の吸収を深める
  • 実践:アウトプットへの実用的な接続を行う

マインドマップを通じて、常にコンテンツを階層化し、知識間のつながりを強くすることで、知識を確実に身につけます。

さらに、このメモの取り方は無限に充実することが可能で、時々、元のマップに新しいコンテンツを入れたり、新しい考えや経験を追加したりすることができます。

さらに、セルフテストや他の人と共有することで、自分の理解度を確認することができます。

3.マインドマップで難しい本をぐいぐい読みこなす方法

①キーワードの抽出

アウトラインノートに比べ、マインドマップによる読書ノート作成の難しさは、キーワードの抽出のことです。マインドマップを描く過程では、長い文章を書かないようにするのがおすすめです。キーワードを抽出する作業は、情報を圧縮し、受動的な学習から能動的な思考へと変化させる作業です。

②論理的な分類

マインドマップでは、論理的な分類も重要な一部です。 マインドマップでは、「アウトライン」による要約やまとめ、「リンク」によるトピック間の関係性の表現に加え、「ノート」「ラベル」「タグ」による説明や分類を行うことができます。

要約

トピックの要約は読書ノートの不可欠な一部だと思われます。「サマリー」は、マインドマップの大枠のロジックにサブのサマリーの関係を追加するものです。

「要約」を書く以外に、似たようなトピックをまとめたり、内容を強調したいときは、アウターフレームを使って、そのトピックを枠で囲み、注釈を入れることができます。

③解釈・説明

マインドマップ全体の簡潔さを損せずに、ある重要なトピックを充実したい場合は、「メモ」を使って、情報を充実することができます。 また、「メモ」では、内容をわかりやすくするためのポイント解説を行うことができます。 image

「マーク」は、トピックの内容を強調したり、説明するための手段でもあります。活用すれば、トピックの内容を充実させ、説明文が多くなるのを避けることができます。 image

「タグ」は、概念を分類し、説明するために使用することができます。複数のキーワードがある場合は、カンマで区切ってください。 image

Xmindには、上記のような複雑な論理関係を表現する手法に加え、ステッカー、タグ、ハイパーリンク、添付ファイルなどの豊富なサブジェクト要素が含まれます。あなたの読書ノートを豊かにすることができます。

以上で紹介しているノート術がいかがでしょうか?この3つの読書ノートの書き術は、それぞれメリット・デメリットがありますので、ご自身のニーズに合わせて最適な方法をお選びください。 もちろん、読書の状況に応じて、読書ノートの書き方を組み合わせて使うことも可能です。例えば、精読ときは注釈付きノート、全体を通読するときはアウトラインノートやマインドマップノートを活用します。

今日はここまで、また次の記事にお会いしましょう。

blog image
fumi
Oct 14, 2022
We use cookies to provide, improve, and promote our service. We do not leak or sell the collected data to third parties. By continuing, you consent to our Privacy Policy.