Return to Blog Homepage

プレゼンテーションの新時代へ

blog image

プレゼンテーションの新時代へ

image

おそらく誰もが一度は「Death by PowerPoint:無限に時間を費やすプレゼンテーション」を経験したことがあるのではないでしょうか。2018年に、Xmindの創業者兼CEOのブライアン・サンはTED Talksに参加し、3時間かけて複雑なアイデアをシンプルなアニメーションに変換しました。「What You Think Is What You Present」という考え方に照らして、Xmindチームはマインドマップをプレゼンテーションに変えるソリューションを求め始めたのです。今日、新ししいピッチモードが一新されました。この機能は、マインドマップを真に生き生きとしたものにします。

それでは、この魅力的な新バージョンをご覧ください。


新感覚のテーマスタイルで、あなたの思考を巡らせている

「ピッチモードには黒と白のテーマしかないのですか?」「他の色はない?単調すぎる?」という使用体験がありませか?今回は、ユーザ様のよりよいエクスペリエンスが得られるために、Xmindチームは、5つの新しいテーマレイアウトを開発しました。魅力なプレゼンスライドを作成するために、各フレームのビジュアルとダイナミックなエフェクトに工夫を凝らしました。背景の「微動」、ダイナミックに展開する「構造表示」など、細部までこだわります。静的なマインドマップを、ワンクリックで簡単に素晴らしい動的なプレゼンスライドに変えることができます。

image

image

image

見栄えのよいプレゼンスライドを作るための果てしない努力にうんざりしていませんか?今、Xmindist(Xmindのユーザ様)に良いことをお知らせていただきたいです! 今ならワンクリックで、当社のデザイナーが用意した豊富なスタイルをすべて手に入れることができます。あなたのプレゼンテーションを魅力的にして、聴衆を驚かせましょう!

image

もちろん、各テーマのスタイルは、通常通りタイポグラフィとレイアウトの異なる サイズ比率に適応します。また、縦長の画面でも完璧に表示されます。

image

発表者ビュー:プレゼン資料のナビゲーター

プレゼンテーションのどこに進んでいたのか、わからなくなったことを経験したことがありませんか?ご心配はいりません!ピッチモードの新バージョンでは、プレゼンテーションとマインドマップを組み合わせたプレゼンターナビゲーター「発表者ビュー」を起動することで、プログレスバーをなくし問題を解決します。発表者ビューでは、見慣れたマインドマップの構造で話すと、まるで俯瞰しているようで、常に自分がどこに進んでいるのかがわかり、マインドマップによる効率的なプレゼンテーションが可能になります。

発表者ビューは、ナビゲーターの枠を超えて、プレゼンテーションの順序を自由にコントロールすることができます。また、発表者ビューでは、マップ上の枝をクリックするだけで重要なトピックにジャンプできます。これにより、従来の一方向のリニアな表示方法から、柔軟にコンテンツを調整し、コントロールすることができます。

image

より良い論理構造を実現する新しいレイアウト

マインドマップはあなたのロジックを見える化にするツールです。Xmindを活用する皆さんが、圧倒的な思考力がある人だと思います。ピッチモードには、論理的な思考を強化させる新しいレイアウトが備えています。ます。 マインドマップの明確な構造は、トピック間の論理的な関係を明らかにするのに役に立ちます。

フィッシュボーン図とタイムラインに新しいレイアウトスタイルを追加しました。また、ダイナミックなエフェクトの組み合わせを合わせることで、図の表示をよりわかりやすくになります。

ダイナミックな構造の表示は、論理をより明確に表現するだけでなく、マインドマップのストーリーに沿って表示されます。例えば、ある国の歴史を年表形式でわかりやすく表現したり、新しい経済形態(シェアリングエコノミー)の背景をPEST原則に基づくフィッシュボーン図でひと目でわかるようにしたりすることができます。フィッシュボーンダイアグラムや年表が好きな方は、ぜひ試してみてください。 image

image

より良いデモンストレーションのための画像表示の最適化

スライドショーにおける写真のレイアウト効果を最適化し、ピッチモードでの写真を拡大表示したり、スライドショーリストでの複数写真を表示したりするなどを実現しました。写真はプレゼンテーションに欠かせないビジュアル要素ですが、この新バージョンにより、より快適に画像展示を行うことができます。

image

ワンクリックでクールなプレゼンを始めいよう

ステップ1:ピットモードアイコンをクリックします!

ピッチモードへの切り替えは、2つの方法で簡単に行うことができます。

1. ピッチのアイコンをクリックして、ピッチモードに入ります。

2. また、ショートカットキーを使って、ピッチモードに入ります。

ショートカットキー:

Mac: ⌥+⌘+P/

Win :Ctrl+Alt+P

フル画面表示のほか、スライドを別ウィンドウで表示することも可能です。

操作手順:メニューバー【表示】-【ピッチモード】-【ウインドウ内表示】を選択

ステップ2:プレゼンテーションの内容をユーザー定義する

ピッチモードは、フルカスタマイズが可能です。トピックテーマの変更、スライド内容のトリミング、プレゼンテーションスタイルの設定、レイアウトの変更、画像位置の調整など、スライドーをスタマイズすることが可能です。

1. トピックテーマの変更

ダークとライトの外観を除く、5つのクールなテーマを追加しました。お好きなものを選んでください。

2. スライド内容の調整

スライド内容を調整したり、分岐トピックを表示したり、非表示したりすることができます。

3. プレゼンテーションの方法を設定する

話し方のリズムに合わせてトピックの表示方法を調整します。

4. レイアウトを変更する

Xmindでは5種類のリストレイアウトを用意しており、ご自身のニーズに応じて選択します。

5. 画像位置の調整

スライドショー内の画像位置を調整し、画像をフルスクリーンに拡大することができます。

ステップ3:プレゼンテーションをパーソナライズする

発表を聞く時に、思考が抜け落ちてしまう瞬間がよくありますね。聴衆の目を惹きつけるためにはどうすればよいですか?答えは、魅力溢れるプレゼンスライドを作成することです。ここでは、聴衆の目を惹きつけるスライドを作成するための4つのヒントを紹介します。

1. 発表者ビュー

マインドマップを使って、発表者ビューでプレゼンテーションを支援し、マップ内のブランチをクリックすると、コンテンツにジャンプします。

2. スライドショーの操作

マウスやキーボードを使って、前のスライドや次のスライドに切り替えたり、早送りや巻き戻したりすることができて、現在のトピックをスキップして、現在のトピックが属するリストスライドに戻るなど、通常の操作を行うことができます。

3. アニメーション効果の追加

ピッチモードの[設定]でアニメーション効果を有効にするか、ショートカットキーのAを使用するかを選択します。

4.スライドショーサイズを設定する

ピッチモードは、異なるスクリーンサイズに適応し、横向きでも縦向きでも素晴らしいプレゼンテーションを実現できます。

ステップ4: ピッチモードを終了する

マウスを右上のコントロールバーに移動して、[終了]をクリックするか、ショートカットキーのEscまたはQを使用して、デスクトップのピッチモードを終了します。モバイル版では、2本指でピンチして終了します。

Tips: ピッチモードでサポートされているショートカットをもっと知りたい場合は、?キーを押してショートカットのリストを確認できます。

以上、ピッチモードでアイデアをプレゼンするためのヒントを紹介しました。それでは、よいプレゼンを!

新しいピッチモードでマインドマップを始めましょう!

新しいピッチモードであなたの考えをプレゼンテーションにするのが待ちきれませんか?新しいロゴのピッチモードは、間違いなくあなたに新しい体験をもたらすでしょう。Xmindのダウンロードページに移動して、試してみてください。

image

blog image
fumi
Oct 17, 2022
We use cookies to provide, improve, and promote our service. We do not leak or sell the collected data to third parties. By continuing, you consent to our Privacy Policy.