Return to Blog Homepage

X'talk: 文学の授業でマインドマップの力を解き放つ

blog image

X'talk: 文学の授業でマインドマップの力を解き放つ

image

教育者や文学愛好家の皆さん、こんにちは!今日は、マインドマップを効果的に授業に取り入れているベテランの文学教師、Graham先生との対談をお届けします。Graham Smith博士からの洞察を通じて、マインドマップが文学の教え方にどのような革新をもたらすかについて学ぶことができます。お茶でも飲みながら、この啓発的な旅に一緒に参加しましょう!


Graham Smith先生は、陸軍士官学校を卒業後、石油・ガス業界でのビジネスキャリアを経て、教育界に入り高等教育の講師となりました。彼はコンピューターサイエンスの博士号と英語学および応用言語学の修士号を持っており、最新のマルチメディア技術を教育に活用しています。また、彼は教育のさまざまな分野について常に最新の情報を収集する積極的な学習者でもあり、選択したテーマについて定期的にMooC(大規模オンライン講義)を受講し、継続的な専門能力開発(CPD)を行っています。

マインドマップと私の生涯の旅

Graham Smith先生:マインドマップは軍隊にいた頃から私の生活の一部でした。マインドマップを様々な形で使っていたことに気づいたのは、その後の人生になってからです。デジタル機器がまだ普及していなかった時代には、紙にマインドマップを描いていました。しかし、最近ではほぼすべてのことをマッピングする傾向にあります。マインドマップは、私がビジネスキャリアを築いていたときに大いに役立ちました。現在、教育現場では、ほとんどの授業がマインドマップで構成されており、生徒との対話や生徒のプロジェクトに共同で取り組むことができます。私はさまざまなマッピングソフトウェアを使ってきましたが、特にお気に入りのソフトウェアはありません。それぞれのソフトウェアには長所と短所があります。Xmindは偶然に出会ったものですが、現在の私のニーズにぴったりと合っていました。

マインドマップでシェイクスピアを解明する: ファースト・フォリオの探求と戯曲の分析

Graham Smith先生: まず、シェイクスピア氏の著作に関するいくつかの誤解を解消したいと思います。シェイクスピアは作品を執筆したのではなく、上演したのです。シェイクスピアの最初の公刊本である「ファースト・フォリオ」についてご存知でしょうか?ファースト・フォリオは、シェイクスピアの作品の集成であり、多くの重要な人物による決定的な貢献がありました。次に、シェイクスピアは自らの著作の形跡を残さず亡くなりました(実際、ほとんどの作品は残っていない)。現在、私たちが知っているシェイクスピアの作品のほとんどは、「ディレクターズ・カット」として上演されたものから派生しています。第三に、シェイクスピアの戯曲はすべて5幕で構成されており、それ以上でもそれ以下でもありません。これは「フライターク」モデルと非常によく一致しています。つまり、物語は始まりを迎え、次にアクションが高まり、クライマックスが訪れ、その後にアクションが緩和し、最後に結末が織り込まれます。

「魔女の帽子モデル」と呼んでいるのは、『マクベス』の魔女の帽子を連想させるからです。最後に、現在私たちがファースト・フォリオとして知っているものは、最初に1623年に出版された『Mr William Shakespeares Comedies, Histories, & Tragedies』というタイトルの本で、劇作家による36の戯曲が含まれていました。シェイクスピアが1616年4月23日に死去したため、死後に出版されました。

では、なぜファースト・フォリオが非常に重要なのでしょうか?シェイクスピアの戯曲のない世界を想像するのは難しいです。シェイクスピアの戯曲が保存されているのは、ファースト・フォリオという驚くべき愛の労作のおかげです。ファースト・フォリオが存在しなければ、シェイクスピアは芸術や教育、大衆文化において現在のような国際的な名声を得ることはありませんでした。今日、私たちが当たり前のように使用している多くのものは、ファースト・フォリオの出版がなければ英語の中に組み込まれることはありませんでした。

さて、シェイクスピア劇を分析するにはどうしたらいいのでしょうか?私のプロセスを説明するには、シェイクスピア分析マップの方向を示すのが一番だと思います。2020年のコロナの期間中、私は幸運にもアメリカ・シェイクスピア協会から、シェイクスピアの全戯曲のバーチャル・プレゼンテーションを行うよう依頼されました。

マインドマップが学生の理解と知識の定着に与える影響

Graham先生では、詳細を記憶するためにマインドマップを使うことを第一に挙げています。その理由は2つあり、1つ目はキーワードを使うこと、2つ目は色を使うことです。脳は長い文章よりもキーワードに反応する。色はキーワードを特定の枠に配置するのに役立つ。私は、生徒たちがリサーチをしているときに情報の断片に出会うと、それをすぐにマインドマップに配置することを発見した。そうすることで、質問に答えるときに使えるまとまった情報が得られるのです。

Graham先生は、マインドマップを使用して詳細を記憶することを主なメリットとして挙げています。そのメリットは2つあります。まず、キーワードを使用することで、脳は長い文章よりもキーワードに反応しやすくなります。また、色を使うことで、キーワードを特定のカテゴリやグループに配置するのに役立ちます。私は生徒たちがリサーチを行っている際に、情報の断片に出会った場合に、それを即座にマインドマップに配置することが重要であることを発見しました。これにより、まとまった情報を得るために質問に対応することができるようになります。

文学教育におけるマインドマップ

Graham先生:ケンブリッジIGCSEやAS/A-Levelの文学の学習においては、マインドマップの作成が必要です。テキストやコースブックに基づいて、個別の学習領域に応じたマップを作成することが求められます。これにより、生徒は学習する内容の概要を把握することができます。散文(セットテキスト)に関しては、現在IGCSEではチャールズ・ディケンズの『大いなる遺産』を勉強しています。この散文のマインドマップには、精読オーガナイザー、語彙、性格描写、プロット、テーマなどが含まれます。AS/Aレベルでは、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』とジェイムズ・ジョイスの『ダブリナーズ』をそれぞれ勉強していますが、マップの基本的な構成要素は同じです。詩に関しても同様に、コースブックに基づいてマインドマップを作成し、詩の中の文学的な装置をエクセルのスプレッドシートで補完します。最後に、ドラマについては、3つのコースすべてでシェークスピアが取り上げられているため、シェークスピアに特化したマインドマップが必要です。AS/Aレベルでは、『空気ポンプの実験』や『インディアン・インク』などの現代劇も学びます。

文学のマインドマップを把握するヒントとコツ

Graham先生:文学に焦点を当てたマインドマップは、書籍や記事、研究論文、その他の文書など、様々な情報源からの情報を整理し、要約し、視覚化するための効果的なテクニックです。以下では、文学に焦点を当てたマインドマップを作成する際のベストプラクティスとヒントを紹介します。

  1. 目的を明確にする: マインドマップを作成する前に、まず明確に目的を明確しましょう。要約すること、複数の情報源を比較すること、あるいは特定のトピックを探求することなど、具体的に何を達成したいのかを明確にすることが重要です。目的を明確にすることは、マインドマップ作成の指針となります。

  2. 資料を集める: マインドマップに含める予定の関連文献、文書、メモなどをすべてまとめましょう。マインドマップ作成を始める前に、これらの資料を総合的に理解しておくことが重要です

  3. マインドマップ作成ツールを選ぶ: ニーズに合ったマインドマップ・ソフトウェアやツールを選びます。

  4. 中心となるトピックから始める: 文献レビューの主題やメインテーマを表す中心的なトピックからマインドマップを作成することが基本的な考え方です。この中心的なトピックがマインドマップのアンカーとなります。

  5. メインコンセプトの枝を作る: 中心トピックから放射状に、文献から特定した主要な概念やテーマごとに枝を作成します。各概念は、独立したブランチにします。

  6. 色や記号を使う: 色、シンボル、アイコンを活用して、異なる種類の情報を分類し、区別することができます。例えば、重要な概念には別の色を、裏付けとなる証拠には別の色を使用します。

  7. サブブランチを含める: 各主要概念の下には、関連情報を詳細に分解し説明するための枝を追加します。この中には引用や要約、特定の出典への参照などを含めることができます。

  8. 簡潔で明確に: マインドマップは簡潔に作成し、アイデアを表すキーワードやフレーズも簡潔にしましょう。マインドマップを効果的な視覚的要約とするためには、明確さが不可欠です。

  9. 関連するアイデアをつなげる: 線や矢印を使って、関連する概念やアイデアをつなげます。これは、異なる文献がどのように相互に関連し、あなたの中心的なトピックに関連しているかを示すのに役立ちます。

  10. 出典を引用する: 出典を簡単にたどることができるように、マインドマップ内に適切な引用と参照を含めます。これは、学術的な完全性を維持し、将来参照するために非常に重要です。

  11. 定期的に更新し、改善する: 文献調査を続ける中で、マインドマップを更新し、改良する準備をしましょう。文献をより深く理解するにつれて、マインドマップも進化していくはずです。

  12. コラボレーション: 他の人と一緒に研究プロジェクトに取り組んでいる場合は、マインドマップの共同作成ツールを使って、リアルタイムで共同作業を行い、発見を共有することを検討しましょう。

  13. 見直しと検証:文献に焦点を当てたマインドマップが完成したら、内容の正確さと一貫性を確認するために見直します。分析の妥当性を確認するために、同僚やメンターにフィードバックを求めましょう。

  14. テンプレートや例を利用する:マインドマップを初めて作成する場合は、テンプレートや例を利用することを検討しましょう。これらのリソースは、マインドマップの構成やインスピレーションを与えてくれます。

生徒の認識と現実

Graham先生 :個人的には、デメリットを感じたことはありませんが、一部の生徒は特定の科目に対して労力と見合わないと感じる傾向があります。私はそうは思いませんが、私が学習者なのではなく、彼らが学習者なのです。学習スタイルは人それぞれです。「馬を水辺に連れて行けても 水を飲ますことはできない」ということわざがあります。

このブログで紹介しているマインドマップはすべてGraham博士が作成したものです。

Xmindを無料でお試し
blog image
fumi
Dec 5, 2023
当社は、お客様へのサービスの提供、向上および宣伝などの用途でクッキーを使用しております。第三者へのデータの漏洩や販売などの行為は一切行いません。本サービスの利用を継続する場合、当社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。