Return to Blog Homepage

X'Talk: Xmindを使って2,567ページの犯罪捜査ファイルを5分でまとめる

blog image

X'Talk: Xmindを使って2,567ページの犯罪捜査ファイルを5分でまとめる

image

何百ページの情報を短時間でまとめることは、複雑なデータを扱う専門家にとってもかなり難しいことです。

今回、私たちは刑事弁護士と対話しました。彼女は捜査ファイルの2,500以上の要素を数分で要約するというタスクに取り組み、クライアントの執行委員会に事件の核心を明確かつ効率的に伝える方法について話しました。

この記事では、Xmindが大量のデータを処理し、重要な情報を抽出するためにどのように役立ったかを紹介します。


5時間で不可能仕事を可能にした方法とは?

ジュリエット、5分以内にケースファイル全体を理解しなければなりません。

わあ、それは大変ですね!どうやって2,567項目(そう、ケースファイルには項目ごとに番号が振られている)を5分で要約するんですか、本気ですか!(まあ、クライアントにはそう答えなかったが、私は強くそう思いました)。

このクライアントは誰ですか?このクライアントは法務部長で、執行委員会で刑事訴訟の状況を説明しなければなりません。

相手が何か困っていますか?この2567項目の事件ファイルとその利害関係を5分で執行部に理解させることです。執行委員はいつもふざけた人ばかりではないし、何よりも忙しい人たちです。彼らは3時間ほどの話を聞くためにいるのではありません。彼らは5分ですべてを理解し、あなたの説明と提案に基づいて決断を下すためにそこにいます。

私が困ったことは何なですか?私のクライアントが10分ですべてを理解し、執行委員会に5分ですべてを説明できるような実用的な解決策を見つけることです。

まだついてきてくれますか?

そう、私は午後5時に考え始めました。

メモ?長すぎるし、テーマ別要約?長すぎるし、視覚的でも良くない。法的デザインで要約?時間が足りない。

まあ...結局、Xmindを開いて、5時間(そう、私のほうで、もちろんファイルを知っていた)作業したんだけど、とんでもない結果が出てきました!

クライアント:大満足

実行委員会:超満足

私:超満足

--- Juliette ChapelleのLinkedIn投稿より抜粋

プロとしてのキャリアの歩み

Juliette Chapelle刑事弁護の弁護士になって10年になります。アメリカのクリアリー・スティーン&ハミルトン法律事務所の訴訟部門で3年半働きました。その後、2016年に刑事弁護事務所Chapelle Avocatを設立しました。企業刑事法であれ個人刑事法であれ、特に未解決事件など、刑事法における複雑な事件について特に専門性を高めてきました。現在、私はSophie Eliasとともに最近設立したLe Kbinetという事務所のパートナーです。私たちの専門はビジネス刑法と社会法です。

刑事弁護人の日常生活

Juliette Chapelle: 私の業務では、常に大量のファイルや緊急の依頼に直面します。そのためには、実用的なツールだけでなく、鋭い頭脳と優れた分析能力が必要です。まず、重要なテーマを特定し、分析のために情報を分類します。Xmindは私の専門的な業務において、重要なツールです。

例えば、私たちはXmindを使って未解決事件を扱っています。未解決事件とは、一般に何千もの捜査書類が含まれる古いファイルのことで、いくつかの犯罪の手がかりが探られている可能性があります。これらのファイルをXmindで分析することで、有用な情報を素早く統合し、視覚化することができます。また、クライアントの事件理解にも役立っています。

別の例としては、会社の経営陣全員を集めた会議の前日に、法務部長から電話があったことがあります。私はXmindを使って、事件、有利な要素、不利な要素、将来の利害関係を明確にしました。Xmindを使ったこのプレゼンテーションのおかげで、役員全員が事件を素早く把握し、会社にとっての法的、財務的、政治的な影響を理解することができました。

image

不可欠なツール

Juliette Chapelle:Xmindを使用することで、複雑な情報をテーマ別に整理し、順序立てて表示することができます。これにより、さまざまな情報を1つの画像で示すことができ、閲覧者はテーマや情報間のつながりを簡単に理解することができます。この方法によって、聴衆はスピーカーの発言に集中できるだけでなく、情報の取り込みも容易になります。私は、アイデアを階層化し、効果的なマインドマップを迅速に作成できる機能を非常に高く評価しています

image

詳細な作業プロセス

Juliette Chapelle:私には3段階の作業プロセスがあります

-情報の収集

-テーマを決める

-情報の処理

この3ステップに従うことで、メモや表を使うよりも分析が簡単になります。あとは、Xmindの機能を使って、組織図を作成したり(例えば、複数の容疑者を含む複雑な刑事事件の場合)、特定の手続きに関連する情報をグループ化したり、異なるアイデア間のリンクを作成して優先順位をつけたりします。

印象的なプレゼンテーション

Juliette Chapelle:10分足らずで刑事事件の重要な問題を理解できたので、クライアントと執行委員会の反応はとてもよかったです。

良いアドバイス

Juliette Chapelle:私はXmindを一番お勧めします。Xmindを使えば、複雑で長くなりがちな司法情報を分類し、優先順位をつけることができます。また、私が所属する企業幹部の法的リスク管理に関する研修でも使用する予定です。

ヒントを共有する

Juliette Chapelle:Xmindは、明確なフレームワークを提供しながら、プレゼンテーションの面で自由な想像力を発揮できるソフトウェアです。 image

Xmindを無料でお試し
blog image
fumi
Dec 5, 2023
当社は、お客様へのサービスの提供、向上および宣伝などの用途でクッキーを使用しております。第三者へのデータの漏洩や販売などの行為は一切行いません。本サービスの利用を継続する場合、当社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。