Return to Blog Homepage

『パワポより簡単』マインドマップを使ってプレゼン資料を作成する方法

blog image

『パワポより簡単』マインドマップを使ってプレゼン資料を作成する方法

来週のチームミーティングに向けたプレゼン資料を準備しなければなりません。時間が足りなくて、テンプレートの選びやレイアウトの調整にあまり時間をかけたくないので、何か良い効率的にプレゼン資料を作成する方法がありますか?

このような状況にあって、手動でレイアウトを調整することに時間をもったいないのが嫌だと感じているのであれば、本記事をお読みください。ご参考になれば嬉しいです。

image


マインドマッププレゼン資料とは

Googleで 「マインドマッププレゼンテーション」と検索すると、PowerPointでマインドマップを作成する、マインドマップを使ってスピーチを準備する、マインドマップをプレゼン資料を作成するなどの結果が出てきます。

では、本記事では、プレゼンテーションのメディアとしてのマインドマップに焦点を当てて説明してきます。

マインドマップは、メモ取りやブレーンストーミングのために作られたツリー図です。スパイダーウェブやアイデアウェビングとも呼ばれます。スライドのようにあなたのアイデァを他の人に伝えられます。ノードとブランチはスライドの内容であり、ブランチ間のトランジションはパワポのインタラクションです。わかりやすいプレゼン資料を作成するためには、マインドマップが最適なツールだとも言えます。

マインドマップを使ってプレゼン資料を作成するメリット

自分のアイディアや考えを人々にわかりやすく伝えるのが、プレゼンテーションの目的です。そして、内容にフォーカスするのは一番重要だと思います。マインドマップを使うことで、レイアウトの調整などの細かいところにあまり時間を取られなくて、 頭の整理により集中できます。誰でも納得できるプレゼン資料を作成することができます。

また、マインドマップは、PowerPointやPreziのようなプレゼンの機能が圧倒的に優秀なものではありませんが、綺麗なプレゼン資料の作成を最小限の努力で済ませます。

image

マインドマップを使って作成したプレゼン資料には、表示できる情報量が多いのですが、使用画面はパワポより狭いことは事実です。そのため、マインドマップのプレゼンテーションは、ワークショップのトレーニングや教室での授業などの場面に最も最適だと思います。

⒈直感的で簡単に作成・調整できる

マインドマップを作成するのは非常に簡単です。トピックを追加するには、TabかEnterキーを押すだけです。ドラッグ/ドロップしてレイアウトの変更も行えるので、テンプレートの編集にあまり時間が取られなくて、マインドマップの作成に集中させることができます。

従来のプレゼンテーションツールを使っている場合、一部の内容を変更する手間を考えると、かなりイライラしますね。しかし、マインドマップの構造が自動生成されるため、ページ上の要素の位置調整や配置に時間を費やす必要がありません。

さらに、アイデアの「発散」、「収束」、「アウトプット」、「発表」という流れを一つのマインドマップで完成することができます。プレゼン資料を効率的に完成できます。

⒉優れたビジュアルデザイン

スライドを美しく仕上げるために、多くの時間が費やされることがよくあります。Xmindでは、内蔵のテーマとテンプレートをたくさん提供しています。ダイアグラムのビジュアルデザインの苦痛から圧倒的に解放されています。

⒊複雑な情報をわかりやすく視覚に!

あるマインドマップ調査では、約1000の回答の中で、「情報の整理」が回答者の1番のメリットとして評価されています。

マインドマップは非線的なものです。線的なグラフィックよりも表示できる情報量が圧倒的に多いです。小さなキャンバス内で知識の全体図を把握することができます。そして、ノード間のつながりに気づくこともできるようになります。

マインドマップを使ってプレゼン資料を作成するデメリット

マインドマップは表示できる情報が多いのですが、感情溢れる物語を話す力が足りないデメリットがあります。また、マインドマップの外観は、少し非公式に見えます。

ですから、マインドマップを使ってプレゼン使用を作成するのは、ワークショップのトレーニングや教室での授業など非企業的な場面におすすめです。

マインドマップを使って、プレゼン資料を作成する方法

ここでは、Xmindを使って、プレゼン資料を作成する手順について解説します。

ステップ1:プレゼンテーションの目標を書き出す

このプレゼン資料で何を伝えたいのかを、最初のステップで明確にするのは極めて重要です。

マインドマップで、プレゼンの目標とプレゼンの内容を同じ場所に置いています。キャンバスの上にボックスを置き、このプレゼンテーションの目標を書き込んでください。目標を設定したら、その目標を成し遂げるために、色々なアイディアを発散して、行動を可視化されます。

image

ステップ 2: 内容のマップを編集する

中心トピックにタイトルを入れます。ENTERキーを押してメイントピックを作成します。Tabキーでサブトピックを追加します。

そして、内容がどんどん豊富になります。アプリケーションにはたくさんのテンプレートが内臓されています。ワンクリックで構造やマインドマップのスタイルを変更することができます。

image

ステップ3:ピッチを使って、スライドーになります。

ピッチモードでワンクリックでスライドショーになれます。また、7つのテーマがあって、お好みのものを選択することができます。すごく便利です。

image

以上は、マインドマップを使って、プレゼン資料を作成するツールの紹介です。いかがでしょうか?ご興味があれば、Xmind でプレゼン資料を作成しましょう!

blog image
fumi
Dec 20, 2022
We use cookies to provide, improve, and promote our service. We do not leak or sell the collected data to third parties. By continuing, you consent to our Privacy Policy.