Return to Blog Homepage

X’Talk: レースカーの活動にXmindを活用するケース

blog image

X’Talk: レースカーの活動にXmindを活用するケース

image

学生がマインドマップを活用する場面は多岐にわたります。学習計画を立てたり、コーススケジュールを作成したり、講義や読書メモを取ったりする使用シーンがたくさんあります。

現役のETHチューリッヒの学部生Joël Schollは、まったく異なるマインドマップ活用経験を提供しています。


学生、エンジニア

Joël Schollは、ETH(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)で電気工学と情報技術の学士課程を学んでいます。ETHは、科学技術の進歩において大きな影響力があり、世界でも最高の大学の一つとされています。またJoël Schollはもう一つの興味深いアイデンティティを持っています。彼はAMZレーシングの制御システムエンジニアとして活動しており、16人の集中学生と多くのフリーランサーからなるチームと共に、フォーミュラ学生競技のための画期的なレースカーを開発しています。

レースプログラム

XmindとのJoëlの旅を理解するには、まず彼がレースプログラムで何をしているのかを知る必要があるかもしれません。または、レースプログラムはどのように機能していますか?

image

Joël:「あなたは学生フォーミュラについて聞いたことがあるかもしれません。これは、世界中のエンジニアや学生エンジニアが接触した最初のホイール製品の構築に従事することになっているエンジニアリングコンペティションです。その目的は、将来の世代のエンジニアを育成することをしています。そして、これは私たちのチームが今年行うことです - 私たちはヨーロッパ全土で5つのイベントに出場しました。」

「私たちのコアチームは、16人の電気機械エンジニアと別のパートナー大学の他の学生で構成されています。だから、エンジニアリングを設計してから、レースカーを構築するまで約1年の時間があります。約9月からクリスマスまですべてのデザインを完成させる必要があります。まず、前年のデザインの理解から始めなければなりません。」

「例えば、私は車の電気制御ユニットのプログラミングに携わっていました。だから、私の仕事は、ソフトウェアが何に基づいているのか、なぜそのようにソフトウェアをコーディングすることを選んだのか、そして要件が何であるかを理解しようとすることから始まりました。

「それはXmindが結びついているところです。なぜなら、私たちは、メモを取る前に、何が行われたかを理解するためにそれを使うからです。また、会議のメモを取り、遭遇した問題の解決策を見つけるために考えを整理し、フィードバックを収集するためにも使用します。」

マインドマッピングはレーシングカーの構築にどのように役立ちますか?

時間の節約

1年間以内に車の構築を完成することはかなり困難な作業です。特に自動車構築のプロセスを理解しなければならない前提で、Joëlとメンバーたちがに大きなプレッシャーを感じています。

「だから、私たちはすべてについて速くする必要があります。それはトラック上でより速くなることではなく、エンジニアリング、理解において速いことです。なぜなら、競争全体は本質的に時間との競争だからです。だから、ええ、私たちはXmindを使って、整理された方法で素早くメモを取ります。」

上記のマインドマップは、Joëlが制御システムの試験の準備をしたときに作成されました。これは、車の性能を軌道に乗せるために必要なアルゴリズムなど、レースカーで何をすべきかを理解するのにも大いに役立ちました。このマップは、制御システムに関する6ヶ月のメモです。そして、それはJoëlとチームが通常行うことであり、豊富な情報を1つのことに集中させます。彼らがXmindとその方程式を使い始めるまで、それは簡単ではありませんでした。

「方程式を挿入できることは、昨年、XmindのPROサブスクリプションを購読することに決めた理由でもあります。」

もう1つの重要なメリットは、上記のように、Xmindが多くの時間を節約するのに役立つことです。Joëlがマップを作り始めたとき、試験まで2週間しかありませんでしたが、6ヶ月の知識量を復習する必要がありました。そして、彼はそれを完成しました!

「これを可能にした大部分は、これらのマインドマップの1つにすべての情報を集中させることだったと思います。だから、私たちがXmindを好きなのは、講義が示しているものの写真やスクリーンショットを含めることができることです。」

意思決定

Xmindを使うことで、レーシングプログラムのメンバーは複雑な情報を視覚的かつ体系的に表示することができます。これにより、彼らは効率的に意見を共有し、意思決定プロセスを迅速かつ効果的に進めることができます。Xmindはレーシングプログラムのメンバーが考えを整理し、問題を解決し、意思決定をサポートするための強力なツールです。

「時々、プロジェクターにXmindマップをキャストし、特定の問題とどのように戦いたいかについて、メンバーたちと一緒に考えました。」

「大きな概念の決定に基づいたマインドマップの5つか6つを持っていました。たとえば、ソフトウェアのリファクタリングなどについて話し合ったとき、まったく新しい概念を決定したとき、Xmindは役立つツールです。」

学校の課題またはレースプログラム?

Joëlは、「マップは学校の課題やレーシングプログラムのためですか?」という質問に対して、非常に印象的な説明をしました。彼の説明は他の学生にとって価値あるインスピレーションとなる可能性があります。

彼にとって、学校教育はプログラムへの実際の応用に向けた堅固な理論的な基礎を提供します。しかし、これらはプログラムの実際の問題の解決と大幅な改善と組み合わせることでのみ有用です。言い換えれば、制御システムと制御アルゴリズムの講義を選ぶ目的は、車の制御設計のタスクに役立つことです。

「つまり、本質的には、私がレースカーで行うことを実施できるようにするためのものなのです。また、自分の勉強が実生活や実際のエンジニアリングに役立った最初の例でもあります。以前は、ただ無駄な理論にのめり込むだけという感じでしたが、今回のように、理論を日常生活で遭遇する実際の実用的な問題と結びつけることができたのは初めてでした。それが本当に役に立ったんです。」

Joëlは、自分で設計した制御システムに基づいてサーキットを自動走行する車を見て、制御システムと制御の背後にあるソフトウェアへの大きな興味を実感し、ロボット工学と制御の修士課程に進もうと考えるきっかけとなりました。

image

現段階では、ジョエルの将来ははっきりしています。

「学士号を取得した後は、インターンシップをするかもしれません。自動車産業におけるキャリアを追求したいです。競技会にはテスラやポルシェなどの大企業も参加しており、これらのイベントでエンジニアリングデザインが評価されています。だから、彼らと一緒に働きながら特定の設計上の課題を解決し、はおそらく1〜2年後に自分自身を見えるでしょう。」

Xmindは夢の中でどのような役割を果たしていますか?

Joëlとの対話で確信したのは、彼は自分の目標や夢を明確に意識しており、どの段階でも自分がどこへ行き、何をすべきかを理解しているというこです。効果的なツールとして、Xmindは生産性を高めるため、成果を上げる過程で円滑さをもたらすカギとして機能しています。たとえば、チームが次のステップでアイデアを整理したり計画したりする必要がある場合、Xmindは、各メンバーにとって建設的な組織的で非常に効率的な会議を実施するのに役立ちます。膨大な量の情報が来ると、Xmindは彼らが最速の方法で要約するのを助けることができます。

例えば、チームがアイデアを整理したり、次のステップの計画を立てたりする必要があるとき、Xmindは非常に効率的な会議を行うのに役立ちます。膨大な量の情報が入ってきても、Xmindを使えば素早くまとめることができます。

「(Xmindを)もっと多くの人に使ってもらいたいです。多くの人から、とてもクールだと感想を聞いています。メモを取るのに役に立ちます。だから、私のクラスの友たちに本当に勧めたいです。構造的にノートを取るのに最適なツールだと思います。」

Xmindは、どんな役割でも夢見る人たちをサポートし、このような夢が実現する瞬間に立ち会えることを光栄に思っています。

Xmindを無料でお試し
blog image
fumi
Nov 24, 2023
当社は、お客様へのサービスの提供、向上および宣伝などの用途でクッキーを使用しております。第三者へのデータの漏洩や販売などの行為は一切行いません。本サービスの利用を継続する場合、当社のプライバシーポリシーに同意したものとみなされます。